言語のリハビリテーション
脳楽習

        

メニュー

ITコーディネーターと打ち合わせ

2021年3月10日

ITコーディネーターの先生との打ち合わせで現場職員からのアイディアを取り入れた活用方法を検討いたしました。

 

 

脳楽習の「無料体験版」コーナーが出来ました!

2021年2月25日

いつも脳楽習をご利用いただきありがとうございます。

今回新たに、言語リハビリ・認知症予防の学習教材「脳楽習」が今すぐ体験できる「無料体験版」コーナーが出来ました!

≫言語リハビリ教材 脳楽習 無料体験版

これは、「脳楽習に興味があるけども、実際に一度体験してみないと…」というお客様の声が多く、そのご要望にお応えしたものです。

1教材のみの無料体験となりますが、製品版では、言語聴覚士が監修した500教材以上が用意されております。

これらが福祉・介護現場で実際に利用されていて、「現場スタッフの教材探しの手間が減った」「レベルに応じた適切な言語リハができる教材が揃っている」とご好評頂けているのが、ご理解いただけるものと思います。

まずは、無料体験版を体験していただき、より詳しく知りたいという方は、お問い合わせフォームよりお問い合わせいただければ幸いです。

ITコーディネーターと打ち合わせ

2021年2月1日

ITコーディネーターの先生とコロナ禍での貢献を考え話し合いました。「脳楽習」は、こうした専門家の先生の指導を受けて、さらなるサービスの向上と技術の発展に役立てて、出来る限りのことを最大限に行っていきます。

脳楽習の取り組みが千葉県から表彰を受けました

2020年12月18日

脳楽習を開発・提供する有限会社ミカタが、千葉県から表彰を受けました。

令和2年度 千葉のちから 中小企業・小規模企業表彰

https://www.pref.chiba.lg.jp/keisei/genkist/hyoushou/chibanochikarahyousyou.html

 

受賞の理由として、

①失語症等の言語障害のある者に特化したデイサービスを運営しながらリハビリ教材「脳楽習」を完成させた。

②教材データを各事業所で共有することで、職員の負担を抑えつつ多様な教材を提
供でき、生産性向上を実現している。

③県が承認した経営革新計画に基づいて「脳楽習」を用いたサービス提供を行い、大学と共同研究を行っている。

などが評価されました。

大学との共同研究においては、千葉銀行の「ちばぎん研究開発助成制度」を利用し、千葉工業大学との共同研究・受託研究を行いました。

ミカタでは、こうした外部からの評価を受けて、さらなるサービスの向上と技術の発展に役立てて参ります。

脳楽習の実際の様子の動画を追加しました

2020年9月20日

脳楽習を実際に使ってグループワークをしている様子の動画を追加しました。

≫脳トレIT教材の脳楽習の実際の様子

言語リハビリ『脳楽習』専用サイトを公開しました!

2020年7月1日

有限会社ミカタが開発した言語リハビリテーションソフト『脳楽習』専用サイトを公開しました!

おかげさまで『脳楽習』の公開以降、
「本格的な言語リハビリを、言語聴覚士がいない時でも、グループ学習として提供できる」
と、複数の介護施設様、医療機関様に採用していただきまして、大変嬉しく思っております。

この『脳楽習』の魅力をさらにお伝えすべく、本サイトを公開いたしました。

動画を再生して見ていただきますと、『脳楽習』が「現場で使える」サービスであることをご理解いただけるかと存じます。

ぜひ、本サイトご覧いただき、利用者様に喜ばれる言語リハビリ・認知予防のツールとして、ぜひ導入をご検討いただけたら幸いです。